クレジットカード現金化で損をしないための方法~手法別に徹底比較!

最低限知っておくべきクレジットカード現金化の仕組み・優良店の判断ポイント・業者を使わない方法等について分かりやすく解説したサイトです。様々な方法から自身に合った方法を見つけてみましょう!

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化の基礎知識

はじめまして。元多重債務者の「KJ」ことコージと申します。
現在WEB関係の仕事を中心に請け負う小さな会社を経営しております。
何を隠そう、私ほんの7,8年前までカードローンや消費者金融からの借入限度額マックスの多重債務者でした。

そんな私が最終的に行き着いたのが「クレジットカード現金化」です。

【クレジットカード現金化とは】
クレジットカードに付与された「ショッピング枠」を現金に変える手法のことで、現在では業者を利用した方法だけでなく、オークションを利用する方法や、自分の足を使った現金化方法など、様々な手段が確立しています。

中でも、クレジットカード現金化業者を利用した方法スピードと換金率に優れており大変便利な現金調達方法と言え、私自身何度も利用させて貰いました。
しかしながら、当該方法には「悪徳業者」が蔓延っており、詐欺まがいな営業や粗悪なサービスを提供する業者が一定数存在するのも一つの事実です。

当サイトでは、私がこれまでに培った知識、経験、実際にやってみた時の感想などから、本当に信頼出来る「クレジットカード優良店」のみを厳選し、ご紹介致します!

KJイチ推し項目別優良店

絶対に損をしないため、騙されないためのクレジットカード現金化情報、優良店調査、サービスの比較をまとめておりますので、ご利用の際は是非ご参考ください。

クレジットカード現金化の3つの方法
繁華街とクレジットカード現金化利用の文字

一昔前まで良く目にしていた街中やネット広告に蔓延る「現金化します!」の文字。
そのほとんどは、繁華街やパチンコ屋の近くに集中しており、飲み客・パチンコ客をターゲットにしていることは明らかです。
一方でPC・スマートフォンの普及に伴い、最近では「インターネット型」と呼ばれるクレジットカード現金化業者が増え、より身近な存在となっているとも言えます。
もちろん、店舗型のクレジットカード現金化業者の人気も根強く、無視できない存在です。
当サイトでは「ネット型」「店舗型」双方の優良クレジットカード現金化業者を紹介しているので、是非参考にしてみてください。

カードタイプのAmazonギフト券と業者利用の文字

「Amazonギフト券」を用いた現金化方法が話題になっています。
Amazonギフト券は電子マネーのため、街の金券ショップなどでは売却できませんでした。
しかし、近年Amazonギフト券を専門に買い取る業者が増えたことによって、現在ではクレジットカード現金化手法の一つとして確立されています。
所謂「Amazonギフト券買取」と、アマギフを買い取る業者である「Amazonギフト券買取業者」についてご紹介するので興味のある方はこちらもチェックしてみましょう。

スマートフォンを持つ手と舞い散るお金

近年、後払い決済を利用した現金化手法、通称「後払い現金化」が流行しています。
主に「後払いアプリ」「バーチャルカード」「キャリア決済」を利用するため、そもそもクレジットカードが不要です。
審査がクレジットカードに比べて緩く、コンテンツによっては未成年でも利用することが可能といったメリットがあります。
限度額に達してしまった・クレジットカードが訳あって作れない又は作りたくない・ほんの数万円だけ欲しい等のシーンにマッチする手法です。

セルフでクレジットカード現金化をする女性

業者に支払う手数料がバカらしい!
そんな人は自分でクレジットカード現金化を図ってみるのも一つの手です。
「新幹線の回数券」「交通系電子マネー」「ブランド品」「商品券」など高額で売却できる商品を購入し、自分で換金ショップに持ち込む又は個人売買によって現金を得ることができます。
当サイトでは「自分でできるクレジットカード現金化」として、元多重債務者が様々な手法を分かりやすくご紹介しています。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化って何??

まー簡単に言えばクレジットカードで物を買って、それを売るってところだな。

なるほど。でもさ、現金が欲しいならキャッシングすればいいんじゃないの??

そうなんだが、クレジットカードのほとんどはキャッシング枠がショッピング枠に比べて低く設定されてるんだよ。
なので、キャッシング枠を使い切ってしまうと現金が借りられないだろ?
だからショッピング枠を利用して物を買って、高く売るわけだ。

ふーん・・・でも、物を買ってそれを売るって損しちゃうんじゃないの?

いきなり痛い所をつくな・・・確かに基本的にはそうだな。
が、上手くやれば借りて金利を払うより安くつく場合もあるんだぜ。

そうなんだ!例えば10万円で買ったものが11万円になるってこと??

お前・・・それだと利益が出てるじゃねーか!
世の中はそんなに甘くないぞ。
10万円の元手だと平均すると大体85%の85,000円ってところかもな。

クレジットカード現金化の仕組み

うまく現金化するのは中々難しいんだね。

そうだな。ま、お前の言う「利益を出す」事も不可能ではないよ。
人気のゲーム機だったり希少価値の高いチケットだったりは定価より高く売れる可能性もあるが、それだとオークションとかフリマで売る必要があるから、時間が掛かるし、何より面倒だろ?

確かにそうだね・・・。

あくまで当日で現金化出来て、その日の内に引き出せるっていうスピードがクレジットカード現金化の売りというかコンセプトだからな。
お前の使い道はどうせパチンコかスロットだろ?
早い方がいいでしょ。

(バレてる・・・)

様々な活用方法がある

スロットでも別にいいだろ!

まー俺も大体そうだったから別にいいんじゃないか。
ただ、現金化の使途はひと昔に比べて変化していて、最近では会社の事業資金の為のクレジットカード現金化も増えているんだ。
実は俺も会社を立ち上げてしばらくは資金繰りに四苦八苦してな・・・クレジットカード現金化で凌いでてた時期もあったくらいだよ。

へーそうなんだ。
でもさ、クレジットカードで買い物するってことは後からその代金を支払わなくちゃいけないよね?

そうだな。
ただな、企業間の取引は入金されるのが翌月の月末とか翌々月の月末とかなんだよ。
だから売上があって帳簿上は黒字でも初めの内は現金が回らなくなっちゃうんだよな。

所謂キャッシュフローってやつだね。

難しい言葉を知っているじゃないか。
そう、この「キャッシュフロー」が回らなくなってしまいそうな場面でクレジットカード現金化は活躍するわけだ。
例えば入金予定はあるんだけど、それまでのつなぎ資金が無い、といったケースだな。

色々な利用方法があるんだね。

当サイト厳選の優良店3選

ここまでクレジットカード現金化の概要優良店の見極め方を簡単にまとめてきましたが、これらの情報を基盤とした当サイトを立ち上げるにあたって私KJは実際に様々な業者の現金化を利用するなどの体当たり調査を行ってきました。

サイトのための調査以前のプライベートでの経験も含め、かなりの数の蓄積された実体験から、当サイトをご覧になられた方の誰もが安心して利用することのできる優良な業者を「3社」のみに絞ってピックアップしています。

ナンバーワンクレジット

ナンバーワンクレジットスクリーンショット画像
ナンバーワンクレジットの特徴

ナンバーワンクレジットは「23時まで営業(土日祝日も営業)」「最短5分で振込」「最大換金率98%超」と、総合的なサービススペックが頭一つどころか、二つ三つ抜きんでているクレジットカード現金化業者です。
さらに、はじめて利用する場合は換金率アップ、リボ払いや分割払いも選べるなど、ユーザーにとってありがたいサービスが多数!
サービス向上が顕著なクレジットカード現金化業界の中でも屈指の優良店であると言え、はじめて利用する方からリピーターまで幅広くおすすめしたい業者です。

ナンバーワンクレジットの詳細はこちら

お金のレスキュー隊

お金のレスキュー隊スクリーンショット画像
お金のレスキュー隊の特徴

サービス名の通り「お金のトラブル解決」をコンセプトにスタートしたクレジットカード現金化業者です。

ショッピング枠の利用可能額を入れるだけの簡単シミュレーターの実装や漫画で分かりやすくサービスを紹介するなど、はじめての方でも利用しやすい優良業者と言えます。

さらに、特典・キャンペーンも多数用意されており、換金率重視の方にもおすすめです。

お金のレスキュー隊の詳細はこちら

リリーフ

Reliefスクリーンショット画像
リリーフの特徴

創業25年の実績・最大換金率99%超を持つ優良店「Relief(リリーフ)」。
特記すべきは、やはり「換金率が2回目以降の方が高い」という点ではないでしょうか。
クレジットカード現金化サービスでは、初回を優遇し2回目以降は換金率が下がるというものがほとんどですが、同店ではリピーター優遇という新しいスタイルを採用。
長期運営歴も相まって、長くお付き合いができるサービススペックとなっています。

リリーフの詳細はこちら
検証の過程で見えた優良店の特徴

様々な方法での現金化を体験、検証してきましたが、ここで優良店と悪徳業者の簡単な見分け方をご紹介したいと思います。
換金率、換金方法で大きく差異が生じることがあるというのは前述しましたが、他にもいくつかのポイントを抑えることで業者の「質」を見極める事が出来るんです!

現金化にはリスクがある

ここで、避けては通れない現金化のリスクについて話しておこう。

ええ・・・簡単な事ばかりじゃないんだね。

そうなんだ。
クレジットカード会社は「利用規約」というものを設けていてな。
それに引っかかるとクレジットカードが利用停止になってしまったり、場合によってはブラックになってしまう恐れがあるんだ

ひぃぃ。クレジットカードが使えなくなったら困るよ。

そうだな。
まぁちょっと脅かしちゃったけど、抜け道はいくらでもあるんだ。
俺も今まで色々な現金化を試したけど利用停止にはなった事はないよ!

それを早く言ってよ!!

買ってはいけない商品

買ったものを同等に近い値段で売るのがクレジットカード現金化の基本なんだけど、この「現金化」っていう行為をクレジットカード会社は禁止しているんだが、なぜだか分かるか?

えっと・・・自社でキャッシングして貰った方が金利が入るから?

それも理由の一つだな!
それと、クレジットカード会社は利用者が買い物に利用した分を立て替えて払って、後日利用者から回収する流れになるから、利用者から回収出来なくなるというリスクが生じる。
これがクレジットカード会社が現金化を嫌がる理由かな

なるほどね!

そしてクレジットカード会社も馬鹿では無いから、現金化に使われそうな商品は逐一チェックしている。
ま、車で謂う所の「リセールバリュー」が高い商品だな。

そうなんだ。
そういう商品を買うと目を付けられてしまうという事だね。

クレジットカード現金化に危険な商品券と新幹線の回数券

そうだ。
特に商品券・ギフト券といった金券類や、新幹線の切符・回数券といった交通系のチケットの類は要注意だね。
貴金属関係やブランド品はこれらに比べるとリセールバリューは多少落ちるんだけど、頻繁に買ってると危ないかな。
ま、これらは目を付けられやすいから出来れば買わない方がいい。

わかったよ!

現金化業者を上手に活用しよう

手取を多くするにはリスクがある事は分かったよ。
でもどうしても現金が必要な時はどうすればいいの?

そうだな・・・色々な現金化を試してきたが、結論から言うとクレジットカード現金化を代行してくれる会社に依頼するのが一番手っ取り早くてリスクが少ないかな。

そ、そんな会社があるの?

ああ。
よく駅前に「ショッピング枠現金化します!」やら「クレジットカード現金化します!」っていうのがあるだろ?
あれだな。

駅前にある店舗型クレジットカード現金化の看板

ええっ。
怪しいんじゃないのそれ?

そうだな、中にはヤミ金まがいのヤバイ業者もいるよ。俺も散々騙されてきたし。
ただ、業者を利用した方がクレジットカード会社にはバレるリスクが少ないんだよ。
カード明細には絶対にクレジットカード会社には分からない品目で決済してくれるからさ。
リスクが少ない、手取が高い、手間がかからない、といった点を考慮するとやはり業者を利用した方がいいんだよな。 餅は餅屋っていうだろ。

うーん・・・しかし、なんか抵抗があるなぁ

昔は雑居ビルなんかにテナントが入っていて、そこで直接やり取りを行う「店舗型」っていうのが主流だったんだけど、今はネットやスマホが普及して、かなり手軽に利用出来るようになっているよ。
申し込みしてすぐに連絡してくれるし、送金もネットで行うから早い。
大体20~30分で入金されるよ。
しかも、ネット型なら来店の必要が無いからどこにいても大丈夫だしね。

そんなに早いの?!

スピードを売りにする業者だと5分以内という所もあるよ。
その代わり換金率が落ちてしまうとか、何かしらオチはある事が多いから、そこは条件を複数の業者と比較しつつって感じで決めた方がいいかもな。

業者選びも重要なポイントなんだね。
でもどこを選べばいいのかな?

俺が今まで利用した中で優良店だと思った業者を紹介するから、条件とか特徴とかを参考にして決めてみなよ。

ありがとう!
スロットを打ちながらでも大丈夫な業者を探すよ!

そ、そうか。あまり使いすぎるなよ。

現金化の方法は色々ある

クレジットカード現金化の換金方法

現金を作るのに必死だった私は、とにかく色々な現金化を試しました。
例えば・・・

  • 商品券を使った方法
  • 電子マネーを用いた方法
  • オークションでの転売
  • 現金化業者からのキャッシュバック

といった方法です。(これらはほんの一部です。)

キャッシング枠や消費者金融の借入限度額が常に天井であった私が、最も多く利用したのはやはり“現金化業者からのキャッシュバック”、所謂 「クレジットカード現金化」だったと思います。

色々批判的な意見もありますが、やはり何と言っても「手軽」でした。
経営者といっても私自身も労働力として仕事をこなす小さな会社です。
多忙な毎日の中での金策は本当に辛く、当時の私にはこの手軽さが非常に魅力的だったのです。

また、詳しくは後述しますが、他の現金化は利用した際に危ない目にあったことや騙された事が多く、リスクが高いとも感じました。

そのため、まずは最も需要が高いと思われる“業者を利用した”クレジットカード現金化方法について解説をしていきたいと思います。

業者によってここまで違う!優良店と悪質業者の違い

現金化の優良店と悪質業者の違い

偏にクレジットカード現金化といっても、様々な業者がいます。
業者によって最も大きく変わるのは「換金率」「換金方法」でしょうか。

換金率
クレジットカード現金化の換金率

換金率は、換金する額にもよりますが業者によって70%だったり90%だったりとバラバラで、私自身もかなり泣かされた部分でもあります。
ホームページで「90%以上保証!」などと謳っておきながら、実際に換金してみたら「70%」だった、といったケースが非常に多かったからです。
実際の換金率を見抜く方法はホームページからだけでは絶対に分かりません。
ホームページの記載だけではなく利用者からの口コミを見たり、業者に直接問い合わせたりといった地道な努力が必要です。
優良店を見極める上で重要な指標の一つと言えます。

換金方法

最近では「キャッシュバック方式」が一般的です。
これは現金化業者が指定するショップで商品を購入し、商品を購入したことにより業者からキャッシュバックを受けるという方法です。

例えば、換金率80%だったら指定された店Aで10万円の商品を購入し、現金化業者Bから8万円のキャッシュバックを受けるといった具合です。

クレジットカード現金化の換金方法

この方式の最も優れている点は、なんといっても「早い」というところでしょう。
しかも店舗等へ足を運ぶ必要が無いケースが多いため、クレジットカードさえ手元にあればお手軽に現金化が可能となるのも嬉しいポイントです。

なお、悪質な業者の中には商品を利用者へ送りつけ、それを業者へ送り直した上で現金を振り込むという「買取方式」を執る業者がいます。
この方式は時間が掛かるばかりか、入金までのプロセスが非常に長い上、配送の際に商品が紛失した、傷が付いていた等の言いがかりを付けられる恐れがあるので気を付けましょう。
もちろん、“買取方式=優良店ではない”というわけではありませんが、特段換金率が良いわけではありませんので、利用するメリットは少ないです。

記載された電話番号

今でこそ固定電話が主流ですが、一昔前までは携帯電話・PHS等の電話番号のみの記載しかしていないクレジットカード現金化業者がほとんどでした。

クレジットカード現金化業者に電話する男性の手

長く営業を続けている優良店なら必ず固定電話番号を持っているはずですので、携帯電話番号の業者は絶対に避けるようにしましょう。
カード決済のみされお金が振り込まれない、なんてトラブルに発展しかねません。
フリーダイヤルを導入している業者なら尚良し!

ホームページ
現金化業者のホームページ

見やすい、換金率をしっかりと明記している、と言った点はもちろんですが、きちんと作り込んでいるか、というのも重要なチェックポイントです。

ネット社会全盛期とも言える昨今、ホームページは業者の一番の集客方法と言っても過言ではなく、ホームページに力を入れていない業者は資金力に乏しい小規模なものである可能性が高いです。
比較的小規模な業者ですと安定的な経営が難しく、換金率の変動が大きくなりがちなため、とても優良店とは言えません。
もちろん小規模な業者でも優良店はいるのですが、その割合は大規模な業者に比べると圧倒的に低いです。

会社概要

クレジットカード現金化はグレーゾーンと言われる部分であり、業者側もはっきりとは記載しない箇所ではあります。
ただ、「全く記載が無い、デタラメの住所、明らかに実在しないであろう人物が代表者名となっている」等が当てはまる業者は良店の可能性が大きく下がりますので避けた方が良いでしょう。

入金スピードを比較

ショッピング枠を利用して自ら商品を買ってきてショップに売却する方法から現金化業者を利用する方法など、クレジットカード現金化には様々な方法が存在します。

特に自分で現金化を行う場合にはその売却する商品の種類やどこに売却するのかによっても、スピードは大きく異なります。

自ら現金化を行う場合の時間

早急に現金が必要になっちゃったんだけど、何かいい方法はないかな?

いくら必要なんだ?

友達の結婚式に呼ばれてたのをすっかり忘れてて・・・5万円ほど必要なんだけど。

5万円なら現金化業者に依頼しちゃうか、ギフト券や商品券を買って金券ショップ等に持って行ってしまうのが一番てっとり早いかな。

なるほど!
大体どれくらいの時間で現金化出来るかな?

最近はクレジットカードで商品券を買える場所が少なくなってきてなぁ・・・。
百貨店で使える商品券(全国共通百貨店商品券)やアマゾンギフト券(カードタイプのもの)やクレジットカード会社が発行するギフト券(JCB、VISA等)が換金率が良くてオススメなんだが、直接買いに行ってもクレジットカード決済が出来ない事が多いんだよ。
だからネットで注文して、現物が届いたらショップに持ち込む、という流れになる。
早くても大体3日は掛かるかもな。

いや・・・でも結婚式は明日なんだよ~泣

それだったら、Amazonのメールタイプのアマゾンギフト券を購入するっていう手もあるな。
メールで届くから現物はすぐに届くからすぐに売却できる。
ただし・・・

ただし・・・?

アマゾンギフト券を取り扱っている業者が少ない上に、買取額が75~80%と低いんだよな。
特にメールタイプのものは買取を行う業者は非常に少ない。
今から業者を探して申し込んでって考えたらまぁ3~4時間くらいで振り込まれるんじゃないか?
というか今日は土曜日だからもしかしたら入金は月曜日になるかもな。

えええ。どうしよう、困ったなぁ・・・

現金化業者の実際の入金スピード

他に何かいい方法はないかな?

素直に現金化業者に依頼するのはどうだ?
5万円だとちょっと手数料が割高だけど換金率90%くらいでいけると思うぜ。

90%ならいいかな・・・どれくらいで振り込まれるかな?

土日対応の業者なら10分くらいで振り込まれるよ。
ただ、申し込みだったり先方からの電話だったりで、申し込みから振り込みまでで大体30分掛からないくらいだな。

そんなに早いんだ!
でも今日土曜日だから着金は月曜日になるんじゃないの?

ゆうちょ銀行や特定の口座間の送金は土日でも行える場合があるんだ。
だから平日15時を超えていたり、休日であったりしても送金手続きさえ執れば即日引き出す事が出来る。
もちろん、それらの口座を持っている上に業者側もその銀行から送金する必要があるので、よく確認してから申し込むべきだな。

なるほど!
条件の合う業者を探してみるよ!

急ぎの場合や土日なら現金化業者がオススメ

前述した通り、現金化業者にはそれぞれ「セールスポイント」というものがあります。

換金率を売りにする会社からスピードを売りにする会社、土日祝日でも対応できるという点を売りにする会社など様々です。

もちろん換金率が大事なのは言うまでもありませんが、ニーズやシーンに合わせて使い分けられる柔軟性は非常に魅力的と言えます。
業者の特性を上手く利用して上手に現金化を行いましょう。

何故現金化の需要は減らないのか

金融庁の発表によると、サンプル数51,241人のうち3年以内の借入経験者は3,369人という結果になりました。つまり、日本では6~7%の人が“お金を借りなければならないほど困っている”という訳です。
もちろん、私もこの中の一人でしたし、この中でも恐らく最下層にいたと思います。

【貸金業利用者に関する調査・研究】

https://www.fsa.go.jp/common/about/research/20141225-1.html

この利用者数の内、「希望通りに借りられた」と回答しているのは僅か64.9%に留まっており、希望通りの金銭が得られなかった場合の対処として、クレジットカード現金化は常に一定の需要があるのです。

ヤミ金だけは絶対にNO!

STOPと人の手

希望通りに借りられなかった場合、驚く事に0.5%の人は無許可貸金業者、所謂“ヤミ金”を利用しているようです。

ひと昔前に流行ったトイチ(10日で利息1割)はまだかわいいもので、最近では10日で2割・3割は当たり前の世界となっており、一度借りてしまったら二度と返せなくなると考えて差し支えありません。
「違法だから返さなくても良い」と言う法律家もいますが、はっきり彼らにはそんな常識通用しません。
自宅へ回収に来るのはもちろん、保証人では無い家族・友人への嫌がらせや取り立ても当たり前に行い、あの手この手で必ず回収されます。
(事実、私も厳しい取り立てに遭った事があります・・・)

絶対にこれらの違法な金融機関からは借りないようにしましょう。

現金化のリスクをしっかりと把握しましょう

ショッピング枠の現金化(クレジットカード現金化)は、「実体のないクレジット決済」として、クレジットカード会社の規約で禁じられており、日本クレジット協会も注意喚起を促しています。

日本クレジット協会の注意喚起

https://www.j-credit.or.jp/customer/attention/attention_05.html

利用する際はこれらのリスクをしっかりと理解するとともに、きちんと対策を行っている業者を利用するべきでしょう。
また、携帯電話が普及した昨今、一度利用又は問い合わせた業者からの営業電話が絶えなくなったという報告が国民生活センターへ寄せられているようです。

これらは個人情報の不正利用に外ならず、悪質業者が行う手口の一つとなります。
二度と掛けて来ないで欲しいと言う旨をしっかりと伝え、それでも営業を行うようであれば国民生活センターの相談窓口に電話してみましょう。

独立行政法人国民生活センターへ寄せられたクレジットカード現金化に関する相談事例

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110617_1.html

最も大事なのは業者選び

クレジットカード現金化で最も大事なのは業者選び

これまで様々な現金化を行ってきましたが、結論から言うと優良店を利用したクレジットカード現金化が最も安全、スピーディ、手軽であると考えております。

ただし、ネット社会を迎えている昨今、現金化業者が増えた反面詐欺まがいな営業を行う悪徳業者が増えてしまったのも悲しい事実です。
現に私もクレジットカード現金化で数え切れない程の失敗を重ねてきました。

ですが、クレジットカード現金化が出来なければ乗り越えられなかったであろう場面も確実に存在しており、救われてきたのも事実です。
上手く現金化と付き合って行くためにも、口コミなどのチェックを怠らずに、評判が良く信頼出来る優良店を見つけてください。

使い過ぎにはくれぐれも注意

いかに優良店を見つけられたとしても、お金が降って湧いてくるわけではありません。
キャッシング枠はあくまでカード会社からの“借金”であり、クレジットカード現金化に依存し過ぎてしまうのは今後の人生に於いて自分の首を絞める事に繋がります。

あくまで「つなぎ」という意識を持って利用するように心掛けましょう!